学資保険 返戻率 比較

【学資保険の返戻率を比較!】かしこく教育資金を貯めよう!

かしこく教育資金を貯めよう!

教育資金を貯めるために、学資保険をお考えの方、まずはこちらをご覧になってください。
少しでもお得に賢く教育資金を貯めたいですよね。でも学資保険は種類がたくさんあるし、どの学資保険を選んだらいいかわからない。
そんな方のために、賢く教育資金を貯める方法をご紹介します!
学資保険について、いざ調べてみると、保険会社の資料や公式サイトなどに「返戻率」という言葉をよく目にすると思います。
またそれと逆に、返戻率についてあまり詳しく説明せず、濁らせている保険会社も中にはあります。

 

学資保険を選ぶ際、この「返戻率」はとても重要になります。
しかし、返戻率とは、そもそもなんなのでしょうか?そして、まぜ返戻率が重要なのでしょうか?

 

こちらのサイトは、学資保険をより深く知ってもらい、それぞれのライフスタイルに合った学資保険を選ぶためのサポートができたらと思い、当サイトを作成しました。
ぜひ、学資保険選びの際の参考にして頂けましたら幸いです。まずは、返戻率のご説明からさせていただきます。

 

「返戻率」とは…

返戻率とは、契約者が支払う保険料の総額に対し、契約時に決めた時期に受け取ることのできる、「満期保険金 + 祝い金」の割合のことをいいます。
実際にわかりやすく計算式で現わすと下記の図のようになります。

 

 

この割合が高ければ高いほど、高い貯蓄性の学資保険ということになります。

 

学資保険の返戻率・返戻金を比較する!

 

では、返戻率が、90%、100%、110%の学資保険を比較してみましょう!

 

総額200万円の学資保険の保険料を支払うと想定した場合…

 

 

このように、最終的な「受け取り金額」(返戻金)が高くなるのは、返戻率が111.8%のフコク生命となります。
返戻率90%のA社の場合ですと、驚くことに20万円もマイナスになります。
貯蓄性のある学資保険を選びたいのであれば、A社のように100%を割り込み、元本割れしてしまう学資保険は選ばないようにしましょう。

 

ただし、元本割れになる学資保険にももちろんメリットがあります。元本割れになる学資保険の多くの場合は、「貯蓄性+保障性」を考慮した学資保険となっています。
万が一、お子さんが病気になった場合、ケガをした場合の通院・入院保障や医療保障などが含まれている事で、貯蓄性が低くなっています。

 

オススメの学資保険のフコク生命!

フコク生命の学資保険、「みらいのつばさ」は、貯蓄性を重視!将来に必要な教育資金を効率よく準備することができます!
子供の成長にあわせて、祝い金を受け取れます!契約者に万が一のことがあった場合は保険料の支払いは不要!!

 

フコク生命「みらいのつばさ」の特徴

満期パターン 22歳 (※ただし払い込みは17歳で満了)
給付金の支給年齢

ステップ型: 18歳・22歳
ジャンプ型: 3歳・6歳・12歳・15歳・18歳・20歳・22歳

死亡給付金(子供の場合) 既払込の保険料から責任準備金の相当額
死亡給付金(親の場合) 以降の保険料、支払い免除
年齢制限 0歳〜7歳
育英年金 なし
医療特約 なし
学資保険プランの一例

契約者:30歳男性(親) 被保険者:契約時0歳(子)
18歳:100万円・22歳:満期保険金100万円 合計:200万円
保険料:月額8,897円
返戻率:110.1%

 

フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」は、110%超えの高い返戻率で人気の学資保険です。
学資保険「みらいのつばさ」は兄弟割引の制度が設けられています。(※ただし、同一の契約者であるなど条件があります)
この兄弟割引の制度は、他の保険会社にはあまりない制度です。そのため、兄弟の多い家庭にとってはとても嬉しい特典ですね。

 

また、祝い金と満期学資金の受け取りのタイミングは、祝い金の場合は幼稚園、小学校、中学校、高校へとその都度受け取ることは出来ます。
満期学資金につきましては、大学進学と満期の2回受け取ることができます。
小学校の入学のときにもランドセルや、学習机などを用意しますよね。
なので、それぞれの家庭に合わせて、小学校の入学時、幼稚園の入園時に祝い金をもらえるタイプの学資保険を選ぶことも可能です。

 

保険料の払い込みの満了を18歳に設定しているのは、大学入学時の出費の多いときに、家計に負担が掛からないようにしているためでもあります。
また、教育資金保障特約を付加することにより、契約者に万一、重度の障害や病気になった場合、一時金を受け取ることができます。
さらには、契約者が万が一、亡くなった場合は、それ以後の保険料の支払いは免除されます。
まずは資料請求をして、ライフスタイルに合った学資保険を見てみましょう!

 

>>資料請求はこちらから<<

 

子育てに安心をプラス!

学資保険は本当に数多くの種類があります。有名なところはソニー生命やアフラック、かんぽ生命などがありますが、もちろんそれぞれにメリットやデメリットがあります。
一概に「これが良い!」という学資保険は存在しないのも事実なのです。
ですが、数多くある学資保険の中でも、特に返戻率が高くなっているのが、フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」です。
フコク生命の「みらいのつばさ」は、胸を張ってお勧めすることができます。ですが、当然ですが、学資保険は一生モノですよね。
軽々しく決めてはいけません。なので、さまざまな保険会社の学資保険の資料請求をして見比べることも重要なのです。
子育てに「安心」をプラスすることのできる、学資保険。ぜひ、ご検討してみてはいかがでしょうか。


 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ